特別受益とは

特別受益とは、被相続人に生前、財産をもらった人の相続の際の取り分を、少なくするための制度です。

特別受益が認められる場合

特別受益は、

  • 相続人が「遺贈」を受けた場合
  • 「婚姻」あるいは「養子縁組」のため、生計の資本として「生前贈与」を受けた場合

特別受益がある場合の遺産分割

「生前贈与」による特別受益である場合は、相続財産に特別受益に相当する額を加算して(持戻し)、その持戻しをした相続財産が法定相続分に従って、各相続人に分割されます。そして、加算された特別受益分が、特別受益を受けていた相続人の取り分から引かれます。

「遺贈」による特別受益である場合は、相続財産に特別受益に相当する額を加算して(持戻し)その持ち戻しをした相続財産が法定相続分に従って各相続人に分割されます。そして、加算された特別受益分が、特別受益を受けていた相続人の取り分から引かれます。

  • 特別受益の確定
  • 相続財産+特別受益=みなし相続財産
  • みなし相続財産を法定相続分に従って分配
  • 分配される相続財産ー特別受益=特別受益がある相続人の取り分