遺産分割の流れ

遺産分割は下記の流れで行うとよりスムーズに進みます。

1:相続人調査

相続が発生したら、まず初めに被相続人の相続人がだれであるかを調査します。
相続人の確定には被相続人の出生から死亡までの戸籍を収集して調査します。
相続人くらい把握してるから戸籍取り寄せなくても大丈夫!と思われている方が多くいらっしゃいますが、後々把握していない相続人がいる事が分かり、せっかく終えた相続手続きのやり直しという事もあるのが実情です。

先ずは、きちんと戸籍の収集をして、相続人を確定しましょう。
相続人が確定したら、相続人の関係図を作成しましょう。

2:財産調査

被相続人の財産はどのようなものがあり、どれくらいあるのかを調査します。
預貯金や不動産、株式などそれぞれを漏れのないよう調査しましょう。
財産が確定したら、調査をもとに財産目録を作成しましょう。

 

3:遺産分割協議

相続人が確定し、財産調査もおえたら、相続関係図と財産目録をもとに、相続人を集めて遺産分割協議を行います。遺産分割協議は原則相続人全員で行う必要があります。

遺産分割協議がまとまったら、遺産分割協議書に協議の内容を書き記し、相続人それぞれの署名、押印をしましょう。

 

4:遺産の分割

遺産分割が無事まとまったら、実際に遺産を分割します。