遺留分とは

相続の際、法定相続人は最低額の相続分が法律によって保障されています。
これを「遺留分」といいます。 遺言書の効力でも、この遺留分を侵害することはできません。

遺留分が保障されている法定相続人は「配偶者、子、父母」のみです。
法定相続人であり、遺言により遺留分まで害されているという場合には、遺留分減殺請求をすることによって、遺留分を請求することができます。
ただし、この請求を自らしない限り、遺留分をも害されている遺言書の通りに相続されることになりますので、自ら動く事が必要になってきます。