未成年者の遺産分割

法定相続人の中に未成年がいる場合、未成年者を省いての遺産分割などはできません。
とはいえ、未成年者ですから、相続に関する法律上の難しい協議に参加したとしても正しい判断はできません。このような場合、以下のような遺産分割をすることとなります。

 

相続人の中に未成年者と親権者がいる場合

未成年者の法律上の手続きは法定代理人である親が代理人として、法律行為を行う事となります。しかしながら、相続に関しては共同相続人の中に親権者である親もいる場合には、親が未成年者の代理人として遺産分割協議を行う事はできません。
これは、同じ相続人であり親権者である親が子の利益を害して、親の利益を図る行為を防ぐ為です。
この場合、親権者は家庭裁判所に未成年の代理人を選任する申述をする必要があります。

家庭裁判所で代理人の選任がされると、未成年者の代わりにこの代理人が遺産分割協議を行うこととなります。この代理人を特別代理人といいます。

 

相続人の中に複数の未成年者がいる場合

共同相続人の中に複数の未成年者がいる場合、親権者が各々の代理人として遺産分割を
行う事はできません。これは親権者が特定の未成年者にのみ有利な遺産分割をする行為を防ぐ為です。この場合も、親権者は家庭裁判所にそれぞれの子に対し、特別代理人の選任の申述をする必要があります。