認知症の方の遺産分割

相続人の中に認知症の方がいる場合は、後見人を選任して遺産分割を行わなければなりません。認知症の方を抜きにして遺産分割協議をすることはできません。
遺産分割は、 原則として相続人全員で遺産分割をしなければ、その遺産分割は無効となります。とはいえ、認知症を患っている方は判断能力が衰えているため、共同相続人に相続分を害される可能性があるのです。
しかし、その判断能力についてもその方によって様々ですので、決断するのは難しい所です。下記を参考にしてください。

認知症であるが、判断能力がある方の場合

認知症ではあるが、判断能力は衰えていないという方の場合は、遺産分割協議に参加することができます。しかし、場合によっては法定後見制度を利用することを考慮していく必要があります。

認知症であり、すでに判断能力がない場合

認知症である方に法定後見制度を利用し、遺産分割協議には法定後見人に代理人として参加してもらいます。