相続放棄とは

相続放棄とは、相続によって得る相続財産の一切を相続しないという相続方法の事です。

相続財産である、プラスの財産もマイナスの財産も全ての相続を放棄することになりますので、被相続人が遺された財産の相続人ではなくなるという事でもあります。

 

相続放棄の方法とは?

相続放棄の方法は2通りに分かれます。

  1. 相続する財産がプラスの財産よりマイナスの財産の方が多い為、財産の全てを放棄したい場合に、家庭裁判所に相続放棄する旨を申述する方法。
    この申述に対し、家庭裁判所が受理をすれば、相続放棄が成立します。
  2. 遺産分割協議の際に例えば兄弟間で、「財産の全てを兄に相続させる」事を取り決め、この旨を遺産分割協議書に記載する方法。この場合、事実上の相続放棄という事になります。

 

相続放棄ができるのは3か月しかありません!

相続放棄は相続が発生した事実を知った日から3か月以内に家庭裁判所に申述しなければなりません。故人が亡くなり、供養葬祭などで大変であった後での期限付きの相続手続きは、気が遠くなりそうですね・・・。

しかし、原則この3か月という「熟慮期間」を過ぎてしまった場合、マイナスの財産が多くても相続放棄ができなくなってしまいますので、速やかに財産調査を行い、財産に対し相続放棄をするかいなかを決定していかなければなりません。万が一、相続放棄をした方がよいかお悩みの方は一度当事務所の無料相談にお気軽にお越しください。

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 大阪本店アクセス
    [大阪本店]
    ●大阪市営地下鉄谷町線・京阪線
    天満橋駅直結