遺言書の3つの方法

遺言を遺すにはどのような方法があるのでしょうか。
せっかく書いた遺言が法的に効力を持たない遺言書ですと、意味がありません。

ここでは、遺言の方式についてご説明させていただきます。

 

自筆証書遺言

 

「自筆証書遺言」(じひつしょうしょいごん)とは、遺言者が、遺言書の全文、日付及び氏名を自筆で書き、これに押印することによって作成する遺言です。

いつでも手軽に作成できることから、この方法を取られる方が多くみられますが、発見されないなどのトラブルがあります。また、家庭裁判所での検認の手続きが必要となります。

 

公正証書遺言

 

公正証書遺言とは、公証役場にて公証人と2人以上の証人立会のもとの作成する極めて効力の高い遺言書のことです。
裁判所の「検認」手続きも必要ではなくなるというメリットがあります。また、自分で遺言書を手書きできないという場合にも有効です。

反面、手続きが煩雑で基本的に専門家に依頼して作成することになるため、時間と費用がかかるというデメリットがあります。

 

秘密証書遺言

 

秘密証書遺言は、遺言を秘密にするための方式をいいます。封入する遺言書自体に格別な方式はありませんが、遺言書に封を施し、遺言書がその中に封入されていることを公正証書手続きで公証しておくとというものです。

ただし、これは遺言書の内容が確認されていない為、家庭裁判所での検認の手続きが必要となります。

 

その他特別な場合に作成される遺言の方法があります。

 

上記の基本的な3種類の遺言の方法のほかに、特別な方式の遺言があります。
これは、「危急時遺言」「難船危急時遺言」「隔絶地遺言」「伝染病隔離者遺言」
「在船者遺言」があります。
これらの遺言は、危急が迫った場合にのみ許される方式で、それぞれ要件が緩やかになっています。