夫婦で遺言書作成

夫婦で遺言書を作成したい!という方がおられますが、残念ながら、夫婦で同一の遺言書を作成することは原則できません。

2人以上の人が、同一の証書に共同の意思を示す遺言を「共同遺言」といいますが、法律で禁止されているのです。

これは、たとえ夫婦であってもお互いの意見があり、その意見に合意せざるを得ないなど、お互いの意見を阻害しかねないからです。

しかし、お互いの事を考え、お互いに遺言書を作成することは非常に素晴らしい事です。
夫婦で作成したい場合には、各々の自由な意思を遺言書にする為、各々で作成しましょう。

 

子のいないご夫婦の場合

 

子のいないご夫婦は互いに遺言書を作成することをおすすめいたします。
子のいないご夫婦の場合で遺言書が無い場合には法定相続人として、第二順位である被相続人の父母も相続権を持つ事になります。(父母もいない場合は被相続人の兄弟が相続人になります)

例えば、夫が亡くなった場合には配偶者である妻と夫の両親も相続人になるのです。
夫婦、互いに配偶者に全ての財産を相続させたい場合には、互いに遺言書の作成が必須です!