預貯金の名義変更

被相続人がお亡くなりになった際に、被相続人の名義の預貯金を、相続人が勝手に引き出すことはできません。

まずは預貯金の名義者である方がお亡くなりになった旨を、金融会社に連絡します。金融会社が名義者の死亡を確認すると、被相続人の預貯金口座は凍結されます。

凍結されたあと、相続人で預貯金の払い戻しの請求をする形になります。

手続き内容については下記で確認していきましょう。

 

払い戻しが遺産分割前か後かによって異なります。

 

遺産分割前に払い戻しをしたい場合

下記の書類を金機関に持参して、払い戻しの請求を行います。

  • 金融機関所定の払戻請求書
  • 相続人全員分の印鑑証明書
  • 被相続人の戸籍謄本(出生からお亡くなりになるまでのもの全て)
  • 各相続人の現在の戸籍謄本
  • 被相続人のの通帳と届出印

※遺産分割協議前に預貯金を払い戻してしまうと、相続関係を複雑化してしまうため、後々の相続トラブルの原因になることもあります。できることならば、預貯金の払い戻しは遺産分割協議後にするようにしましょう。

 

遺産分割後に払戻しをしたい場合

 

下記の書類を金融機関に持参して、払い戻しの請求をしましょう。

  • 金融機関所定の払戻請求書
  • 相続人全員分の印鑑証明書
  • 被相続人の戸籍謄本(出生からお亡くなりになるまでのもの全て)
  • 各相続人の現在の戸籍謄本
  • 被相続人の通帳と届出印
  • 遺産分割協議書 ※相続人全員が実印で押印したものに限られます。

※上記は全て一般的な必要書類ですので、各金融機関によって、必要書類が異なる場合がありますので、必ず問い合わせをして確認しましょう