不動産の名義変更

被相続人から、不動産を相続した場合は、不動産の名義変更をしなければなりません。
不動産の登記簿の変更をする手続きになります。
不動産の名義変更を放っておくと後々様々なトラブルに巻き込まれる可能性がありますので、すみやかに行うようにしましょう。
しかしながら、遺言書によって財産を取得した場合はスムーズですが、遺言書がない場合は、遺産分割協議を行わなければ、名義変更もできませんので、まずは、遺産分割協議を速やかに行いましょう。

 

不動産名義変更の流れ

 

不動産の名義変更する大まかな流れは以下になります。

  1. 遺産分割協議書で、相続財産の分割方法を正式に決定します。
  2. 不動産登記の名義変更に必要な書類を収集します。
  3. 不動産登記の変更登記申請書を作成します。
  4. 法務局に不動産登記の変更登記を申請します。

 

不動産登記変更の際に必要な書類

不動産の名義変更の際に必要な書類は、遺産分割協議の結果によって異なります。
以下で、必要な書類を確認しましょう。

法定相続人が1人、または法定相続分によって相続をする場合

  • 被相続人の出生からお亡くなりになるまでの戸籍謄本
  • 法定相続人の戸籍謄本
  • 法定相続人の住民票
  • 相続する不動産の固定資産税評価証明書※市区町村役場で取得できますが、東京都23区に限っては都税事務所で
    取得して頂く必要があります。

 

遺産分割協議で決めた割合で相続する場合

  • 被相続人の出生からお亡くなりになるまでの戸籍謄本
  • 遺産分割協議書
  • 法定相続人の戸籍謄本
  • 法定相続人の住民票>
  • 相続する不動産の固定資産税評価証明書
  • 法定相続人の印鑑証明書