期限がある相続手続き

相続手続には期限が設けられているものがあります。その期限が過ぎてしまうと、被相続人の財産を相続する上で大変な問題になりかねませんので、期限を守って手続きを行うようにしましょう。重要な期限付きの相続手続きは以下の通りです。

 

相続発生から3か月以内の手続き

 

相続が発生した後、3か月以内相続方法を決めなければなりません。
相続方法には3通りあり、単純承認・相続放棄・限定承認があります。
単純承認をする場合には特に申告は必要ありませんが、相続放棄・限定承認をする場合には、この3か月という期限内に家庭裁判所に申述をしなければ、単純に相続財産を全て承認したとみなされてしまいます。
この為、相続人の調査・財産調査もこの3か月以内(2か月ほど)で確定していなければなりません。

相続方法について詳しくはこちら

 

0120-150-525メールでのご相談はこちら

 

相続発生から4か月以内の手続き

相続が発生した後、4か月以内にしなければならない手続きは所得税の申告です。
被相続人に申告する所得がある方の場合、被相続人に代わって、相続人が被相続人の所得の確定申告をしなければ なりません。これを「準確定申告」といいます。

 

相続発生から10か月以内の手続き

相続が発生した後、10か月以内にしなければならない手続きは相続税の申告です。

これまでに、相続人調査、財産調査、遺産分割協議を終えている事が望ましいです。