生命保険と遺族年金について

生命保険

故人がお亡くなりになた場合、その方が生命保険の加入していた場合、受取の手続きが
必要です。故人様が生命保険に加入していた場合には生命保険は、遺されたご家族にとって生活の支えとなりますので、どんな条件で加入していたのか、確認して受取の手続きをしましょう。

請求先は、各生命保険会社です。死亡診断書・保険証券など所定の書類を用意して、保険会社へ電話連絡しましょう。

 

年金

国民年金や厚生年金の被保険者で保険料納付要件を満たしている方、又は老齢年金の受給資格を満たしている方がお亡くなりになった場合には、遺されたご家族に遺族年金が支給されます。

保険料納付要件とは

  • お亡くなりになった月の前々月までに被保険者期間の3分の2以上保険料を納めていること
  • 故人さまに生計を維持されていたこと
    ・国民年金の遺族基礎年金:子どものいる妻または子ども
    ・遺族厚生年金:妻、55歳以上の夫、子ども(18歳になって最初の3月31日を迎えていない 子及び一定の障害者の場合は20歳未満)その他遺族

 

請求先

  • 国民年金のみを受ける場合は市区町村の年金保険課
  • 厚生年金の加入者がお亡くなりになった場合は、会社所在地の年金事務所
  • 厚生年金の受給者がお亡くなりになった場合は、住所地の年金事務所