財産管理契約について

財産管理契約とは、ご高齢になって日常生活を営んでいくことが困難であったり、老人ホームや介護施設に入所する際に預貯金等の財産を持ち込めないなどの場合に、信頼できる相手に財産の管理や生活上の事務を任せることを内容とする契約をいいます。

例えば預貯金の管理をどうするか、年金の受取は?公共料金の支払いをどう行うかなど、生活をしていく上で基本的な支払、受給に関する事務を代行してもらう事ができます。

民法上に「成年後見制度」という同じように財産管理を代行してもらう制度が存在しますが、この「成年後見制度」は、精神上の障碍により判断能力が無くなってしまった場合に
利用できる制度なので、認知症などの精神障害がない場合などには利用できません。

※認知症が進行し、意思能力を喪うに至ってしまったような場合には、財産管理契約を締結することはできないのでご注意ください。この場合は、民法上の「成年後見制度」を利用することになります。

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 大阪本店アクセス
    [大阪本店]
    ●大阪市営地下鉄谷町線・京阪線
    天満橋駅直結