行方不明者の遺産分割

相続人の中に行方不明者がいる場合、遺産分割はどのように進めたらよいのでしょうか。下記にてその方法を確認していきましょう。

 

失踪宣告・認定死亡をしてから遺産分割を行う

行方不明者が生死不明である場合には失踪宣告や認定死亡という制度を利用することにより、行方不明者を死亡したとみなし、遺産分割を進める事が可能になります。

失踪宣告

家庭裁判所によって失踪宣告を受けた者について死亡したものとみなす制度です。失踪宣告がなされた場合、実は生きていたことが判明したとしても、失踪宣告を取り消す旨の裁判をする必要があります。

認定死亡

行方不明者が死亡した可能性が極めて高いという場合、行政機関が死亡を認定することで、死亡したことを推定する制度です。認定死亡はあくまで「推定」にすぎないので生きていることが判明した場合は、効力が失われます。

 

不在者財産管理人の選任をする

共同相続人は、行方不明者のために、家庭裁判所に「不在者財産管理人」の選任の申し立てをしてから、遺産分割する必要があります。

選任された、不在者財産管理人が行方不明者に代わって遺産分割協議に参加することになります。

 

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 大阪オフィスアクセス
    [大阪オフィス]
    ●大阪市営地下鉄谷町線・京阪線
    天満橋駅直結
  • 東京オフィスアクセス
    [東京オフィス]
    ●JR秋葉原駅
    地下鉄秋葉原駅 徒歩1分