戸籍収集による相続人調査

相続人の調査とは、お亡くなりになられた方の法定相続人を戸籍から確認する事を言います。 
この相続における相続人調査は、被相続人の出生から死亡までの戸籍をすべて収集しなければなりません。

相続人くらいは把握しているといって、この戸籍収取を怠ってしまうと、把握してない相続人が後々でてきたり、トラブルにつながる原因にもなります。

遺産分割協議が終え、名義変更までした後に、把握していない相続人がいることが判明すると、全てを一からやり直す事になります。
しかし、「出生から死亡まで」の戸籍は、被相続人が移転や移籍などを繰り替えしていると、あちらこちらに戸籍が散らばっていて、収集が困難な場合があります。
また、戸籍謄本は戸籍のある本籍地でした請求ができません。

戸籍収集でお困りの方は、専門家である我々がお手伝いさせていただきますので、是非お気軽にお問い合わせください。

 

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 大阪オフィスアクセス
    [大阪オフィス]
    ●大阪市営地下鉄谷町線・京阪線
    天満橋駅直結
  • 東京オフィスアクセス
    [東京オフィス]
    ●JR秋葉原駅
    地下鉄秋葉原駅 徒歩1分