相続財産の調査

ここでは相続財産についてご説明させていただきます。
相続財産とは、被相続人が残した預貯金や不動産、株式などの財産の事です。これらの財産は「プラスの財産」として、相続することになりますが、逆に借金やローンなども「マイナスの財産」として相続財産となります。

この相続財産がプラスの財産だけであれば、単純相続をするに越した事はありませんが、マイナスの財産がある場合、単純承認をしてしまうと借金も相続するという事になりますのでう、慎重に相続方法の検討をする必要があります。
「プラスの相続財産」と「マイナスの相続財産」とはどのようなものなのでしょう。
下記にて確認していきましょう。

 

プラスの相続財産

  • 不動産:土地と建物(法務局で登記簿謄本を取得して確認します)
  • 動 産:自動車、原動機付き自転車、機械、宝石など。
  • 債 権:売掛金や貸付金など。
  • 現金・預貯金:金融機関に残高証明を発行してもらい、確認します。
  • 株 式:被相続人名義の株式
  • 生命保険金、死亡退職金:被相続人を受取人としているもの。

 

マイナスの相続財産

  • 債 務:住宅ローン、金融機関からの借入れ、知人友人からの借金など。

 

一身専属的な権利義務

請負契約上の債務や公営住宅上の使用権、親権、国家資格や生活保護受給権などの一身専属的な権利義務に関しては相続財産にはあたりません。

 

判断の難しい相続財産

被相続人が連帯保証人になっていた場合

被相続人が知人の負債の連帯保証人になっていた場合、その権利も相続財産になるのでしょうか。

相続開始の時点で、債務額が明確であり、責任額が決められている場合にはマイナスの財産として確定できますが、知人がしっかりと借金を返済していて、債務額等分からない時などは、注意が必要です。相続開始の時点でしっかり返済をされていても、連帯保証人としての地位は相続することになりますので、万が一の事を考慮して慎重に調査しましょう。

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 大阪オフィスアクセス
    [大阪オフィス]
    ●大阪メトロ谷町線 天満橋駅直結
    ●京阪電鉄京阪本線 天満橋駅直結
  • 東京オフィスアクセス
    [東京オフィス]
    ●JR中央線御茶ノ水駅 徒歩8分
    ●東京メトロ千代田線 湯島駅