財産目録の作成

財産目録とは、被相続人の所有している財産を調査した結果を、プラスの財産もマイナスの財産も全て書き出したものの事です。

この財産目録は法律上必ず作成しなければならないものではありませんが、遺産分割協議の際に財産目録があるだけで非常にスムーズに協議が進みます。

 

財産目録に記載する内容として

 

財産目録の作成方法としても特に法律上の決まりはありません。しかし、必要事項をおさえて、相続人全員が見やすいようなものを作成しましょう。

財産目録に記載する内容の例としては、下記のようなものが挙げられます。

  • 調査日
  • 不動産(土地)
    所在、地番、地目、地積、持分、路線価、所有者、抵当権の有無、種類など。
  • 不動産(建物)
    所在、家屋番号、種類、構造・床面積、持分、評価額、所有者、抵当権の有無など。
  • 預貯金
    品目・金融機関、種別、口座番号、金額、取得など。
  • 諸費用・経費
    品目・金融機関、種別、口座番号、金額、取得者など。
  • 各根拠資料

 

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 大阪オフィスアクセス
    [大阪オフィス]
    ●大阪メトロ谷町線 天満橋駅直結
    ●京阪電鉄京阪本線 天満橋駅直結
  • 東京オフィスアクセス
    [東京オフィス]
    ●JR中央線御茶ノ水駅 徒歩8分
    ●東京メトロ千代田線 湯島駅