相続関係図の作成

相続関係図(略して相関図)とは、被相続人の相続人の関係が一目でわかるよう図式化したものの事です。

相続関係図は、被相続人の出生から死亡までの戸籍を収集し、その戸籍から相続関係を図式化していきます。

 

相続関係図の作成方法

 

相続関係図は法律で書式が決められているわけではありません。
例えば下記の内容を記載して作成していけば、相続関係図となります。

  • 「被相続人氏名 相続関係図」など題名を記入。
  • 被相続人の本籍地や現住所等の記載「最後の本籍」「最後の住所」「登記簿上の住所」など。
  • 被相続人との続柄と相続人氏名。「被相続人 ○○、相続人「妻」○○、」など
  • 被相続人、相続人の情報(生年月日、住所など。
  • 相続の選択「単純相続、相続放棄など」

 

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 大阪オフィスアクセス
    [大阪オフィス]
    ●大阪メトロ谷町線 天満橋駅直結
    ●京阪電鉄京阪本線 天満橋駅直結
  • 東京オフィスアクセス
    [東京オフィス]
    ●JR中央線御茶ノ水駅 徒歩8分
    ●東京メトロ千代田線 湯島駅