相続の単純承認

相続の単純承認とは、相続財産(プラスの財産、マイナスの財産全て)を無制限に相続する相続方法の事です。

自分が相続人となったことを知ったときから3か月以内に相続放棄及び限定承認の手続きを行わなかった場合には、自動的に単純承認をしたという事になりますので、特に借金がおありの方は期限に注意が必要です。
この相続方法を決め期間を「熟慮期間」といいます。

 

単純承認の手続きはどうすればいいの?

単純承認に関しては、上記でご説明させていただいた、相続放棄や限定承認の手続きを3か月以内に行わなければ、手続きを踏まずにに単純承認したこととなります。

だたし、きちんとした財産調査をせずにプラスの相続財産が多いと判断してしまい、相続放棄や限定承認などの手続きをせず、単純承認してしまった後で、マイナスの財産があることが判明した場合、自分が相続人となったことを知ったときから3か月以内という期限を過ぎてしまうと原則、相続放棄ができなくなりますので、相続方法を決める前段階の財産調査は、きちんと行いましょう。

 

単純承認をしたとみなされてしまう場合

相続が発生した日以降、相続人が下記を事項を行ってしまうと単純承認をしたとみなされてしまう場合がありますので、注意しましょう。

  • 相続人が、相続財産の全部、又は一部を処分してしまった場合
  • 相続人が限定承認および、相続放棄をしたとしても、財産の全部又は一部を隠匿したり、悪意である財産を財産目録に記載しなかった場合

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 大阪オフィスアクセス
    [大阪オフィス]
    ●大阪市営地下鉄谷町線・京阪線
    天満橋駅直結
  • 東京オフィスアクセス
    [東京オフィス]
    ●JR秋葉原駅
    地下鉄秋葉原駅 徒歩1分