遺言書があったら

故人様の死後、万が一遺言書があったら、どうすればよいのでしょうか?
これは以外と知られていないのですが、遺言書があった場合、その場で勝手に開封することはできません。
遺言書があったら、開封せずそのままの状態で家庭裁判所に持参し、「検認」をする必要があります。 この「検認」が済んだら遺言書の内容を執行していく形になります。これは、遺言書の内容を開封者に勝手に改ざんなどされてしまう事を防ぐ為です。

ただし、検認手続きは遺言書を形式的に判断するために行われるものにすぎないので実際に有効かどうかを判断したりするものではありませんし、検認を経なかったからといって遺言が無効になるわけでもありません。

遺言とは、故人様の意思を相続人に伝える手段であり、この意思は主張されるべきものであるからです。

 

遺言書の保管について

せっかく作成した遺言書が発見できない!という事態が、わりと多くみられるのが実情です。遺言書は基本的に一人の空間で作成でき、遺言書を作成したこと自体秘密にできるので、あまりに発見されずらい場所に保管しておくと、万が一の際に相続人は発見することができないのです。

また、公正証書遺言は原本が公証役場に保管されていますので、安心ですし、紛失や発見されないなどの問題がありませんのでおすすめです。

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 大阪オフィスアクセス
    [大阪オフィス]
    ●大阪メトロ谷町線 天満橋駅直結
    ●京阪電鉄京阪本線 天満橋駅直結
  • 東京オフィスアクセス
    [東京オフィス]
    ●JR中央線御茶ノ水駅 徒歩8分
    ●東京メトロ千代田線 湯島駅