自筆遺言書の作成方法

「自筆証書遺言」(じひつしょうしょいごん)とは、遺言者が、遺言書の全文、日付及び氏名を自筆で書き、これに押印することによって作成する遺言です。

ここでは、自筆証書遺言を書く際に問題となりやすい場所を一緒に見ていきましょう。

 

具体的な作成方法

 紙と筆記用具と印鑑を用意しましょう。

紙はどんなものを使っても構いませんが、筆記する際に用いる物は、鉛筆のように消しゴムで簡単に消せるものは避け、ペンなどを使用しましょう。

印は必ずしも実印でなくても問題ありません。認印や 指印でも差し支えありません。また、1通の遺言書が複数枚にわたる場合に、契印・編綴がなくても、その数葉が1通の遺言書として作成されたものであることが確認できれば問題ありません。

 

日付の記入

日付は、遺言者に遺言をする時点で遺言をする能力があるかどうかや遺言が複数作成されている場合にどちらが先かを判断するために必要ですから、その作成年月日が明確でなければなりません。

例えば、単に「某月 吉日」とのみ記載してある場合や「月の綺麗な季節にて」などでは作成年月日を特定できないため、遺言書は無効となります。
ただし、必ずしも正確な暦日でなければならないというわけではなく、「還暦祝賀の日」など作成日が特定できるものであれば問題はありません。

 

氏名の自書

 

氏名の自書は遺言書を作成した人が誰かを特定するために必ず記載しなければなりません。全く氏名のないものは筆跡から本人が特定できたとしても有効とすることはできません。

 

パソコンなどで作成したものは無効

 

パソコンや、ワープロ、タイプライター、点字機を使うことは許されません。
本当に本人が作成したかを判定するのが難しく、勝手に書き換えらてしまう危険も多い為です。
テープレコーダーやビデオに残す方法も認められていません。

 

他人が添え手をして作成したら無効

 

他人が書いた場合はもちろん、他人に口授筆記させたときも無効とされています。

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 大阪オフィスアクセス
    [大阪オフィス]
    ●大阪メトロ谷町線 天満橋駅直結
    ●京阪電鉄京阪本線 天満橋駅直結
  • 東京オフィスアクセス
    [東京オフィス]
    ●JR中央線御茶ノ水駅 徒歩8分
    ●東京メトロ千代田線 湯島駅