公正証書遺言の作成方法

公正証書遺言とは、公証役場にて公証人と2人以上の証人立会のもとの作成する極めて効力の高い遺言書のことです。

 

公正証書遺言の作成方法

 

  1. 公証役場に2人以上の証人と出向きます。
    ※未成年者、推定相続人、受遺者及びその配偶者及び遺言執行人は証人にはなれません。
  2. 遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授(口頭で直接伝えること)します。
  3. 公証人が遺言者の口授を筆記します。
  4. 公証人が3を遺言者及び証人に読み聞かせる、又は閲覧させます。
  5. 4の内容に不備等なければ、遺言者及び証人はそれを承認します。
  6. 遺言者及び証人が証書に自署名押印します。
  7. 公証人が、その証書が適式な手続きに従って作成されたものである旨を付記して署名押印します。

以上の方法で、同じ内容の遺言公正証書が3通(原本、正本及び謄本)作成されます。
原本は公証役場に保管され、正本及び謄本は遺言者や遺言執行者に交付されます。

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 大阪オフィスアクセス
    [大阪オフィス]
    ●大阪メトロ谷町線 天満橋駅直結
    ●京阪電鉄京阪本線 天満橋駅直結
  • 東京オフィスアクセス
    [東京オフィス]
    ●JR中央線御茶ノ水駅 徒歩8分
    ●東京メトロ千代田線 湯島駅