相続が始まったら行う手続き

相続開始後に行うべき手続きがあります。速やかに手続きをしましょう。

 

死亡届の提出

 

故人さまがお亡くなりになったときは、まずは、死亡後7日以内に死亡届を提出しましょう。
提出先は、故人さまの本拠地、死亡地、または届出人の住所地のいずれかの市区町村役場です。
また、死亡届の際には、医師の作成した死亡診断書又は、死体検案書を提出する必要があります。

 

葬儀費用の記録

葬儀費用は後々相続税の申告する際、控除の対象になります。
その際に、明細書に内訳を記入しなくてはいけませんので、葬儀費用は記録しておきましょう。

 

金融機関への連絡

故人様の取引のある金融会社へ、死亡した旨を連絡します。(電話や書面など)金融機関が死亡の事実を確認すると故人さまのお亡くなりの、故人さまの口座は凍結されます。

公共料金等の自動引落もストップしてしまいますのでご注意ください。

 

0120-150-525メールでのご相談はこちら

 

遺言書の有無の確認

故人様が遺した遺言書があるかないかを確認しましょう。

なお、遺言書が見つかったとしても、勝手に開封してはいけません。
開封するためには、家庭裁判所で「検認」の手続きをして、初めて開封することができます。
遺言書が見つかったときは、速やかに故人さまの最後の住所地を管轄する家庭裁判所に遺言書を持参し、検認を申し立てましょう。

 

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 大阪オフィスアクセス
    [大阪オフィス]
    ●大阪市営地下鉄谷町線・京阪線
    天満橋駅直結
  • 東京オフィスアクセス
    [東京オフィス]
    ●JR秋葉原駅
    地下鉄秋葉原駅 徒歩1分